おしりのニキビの治し方

ニキビ用化粧水ランキング番外編、今回はおしりのニキビの治し方をご紹介します。
男性、女性問わず服を着ていればおしりは見えないけど、丁寧なケアが必要です。

 

おしりにのニキビとは

仕事や勉強でず〜っと座っていることが多い人は要注意なおしりニキビ。
特に夏場は気が付けば汗でムレムレ。
そしてニキビができて痛い思いをする人は少なくありません。

 

おしりにできたニキビは見られないから安心?いいえ違います。
夏の水着、冬の温泉・・・そして、愛する人の前で・・・。

 

おしりのニキビは見られると恥ずかしい!絶対に治したい!
しっかりとおしりのニキビの原因を学び、綺麗なおしりにしていきましょう。

 

おしりのニキビの原因

まず一番の原因は汗や汚れが毛穴に詰まってアクネ菌が増殖することです。
お尻は背中やデコルテほどではありませんが、皮脂の分泌が多いパーツです。
やわらかいように感じますが、実は肌表面が分厚く、硬くなっているのです。

 

座っている間はほぼ腰とお尻で体重を支えています。
そのため肌への刺激が強く、角質化してしまいます。
角質が厚くなると当時に皮膚が毛穴を塞いでしまいます。
そのためアクネ菌の温床にもなりやすくなります。

 

皮脂分泌が多くて角質も厚いお尻は、ニキビができやすい条件がそろっているんです。
蒸れやすく、他のパーツと比べて清潔に保つことが難しいことも原因として挙げられます。

 

おしりのニキビの治し方

最も気をつけないといけないことはおしりのニキビだからと言ってつぶさないことです。
つぶしてしまうと、色素沈着が起こり、黒ずみとなってしまうことがあります。
職場などで毎日長時間座っている方は特に注意が必要です。
クッション性のよい座布団を愛用するなど、お尻への圧力刺激を軽減する対策も効果的です。

 

次に、お尻の環境をできる限り向上させることです。
下着や衣類はあまり締め付けないもの、通気性のよいものを選び、清潔を心がけましょう。
天然素材の下着は通気性もよく繊維による刺激も少なくオススメです。
できれば綿100%で、汗を吸いやすく、通気性のよいものがよいでしょう。

 

おしりのニキビは予防が第一

できてしまったニキビを治すことも大切ですが、一番は予防することです。
脂肪分や糖分の多すぎる食生活を見直して改善する必要があります。
ニキビの主な原因である皮脂が、過剰に分泌されないように心がけることが大事です。

 

お尻の皮膚はとてもデリケートですが、ムレ、摩擦、圧迫、刺激など、日々ダメージにさらされ続けるパーツです。
お風呂で洗った後はしっかりとすすぎ、適度な保湿を心がけるようにしましょう。

 

>>ニキビ化粧水ランキング